LINEPayの登録銀行口座からのチャージと超便利なオートチャージ方法

こんにちは!
今回はLINEPayに銀行口座からチャージする方法についてお伝えします。
あわせて登録銀行口座から自動でチャージするオートチャージの設定方法も書いていきます。

1.登録銀行口座からのチャージ方法

LINEアプリを起動し、右下にある「ウォレット」をタップします。
上の画像になると思いますので、LINEPayにチャージされている金額が表示されている横にある「+」マークをタップします。

パスコードを入力すると上の画面になるので、「銀行口座」をタップします。
そのあとは登録している銀行をタップし、チャージ金額を入れてチャージするだけ!
これでLINEPayにチャージされます。

2.オートチャージの設定方法

次はオートチャージです!
また別の記事で詳しく書きますが、毎月定期的に発生するスマホやインターネット使用料金の引き落としにLINEPayカードを登録する場合、残高不足で引き落としができないとサービスが止まってしまう可能性がありますよね。
その他にも、何度か経験があるのですが、お店のレジでLINEPayを使う時に残高不足でその場でチャージするという恥ずかしい思いをしたことがあります。

こういったことが起きないオートチャージは本当に便利です!
オートチャージはその名の通り設定金額を下回った時に設定した金額をチャージする機能です。
僕は少し多めに50,000円を下回った時に20,000円をチャージするように設定してます。
こうすることで、予期せぬ数万円の引き落としがあった際にも対応できます。
設定金額は自由に選べますので、自分の生活状況や預金と相談しながら決めてみて下さい!

それではオートチャージの設定方法です!

LINEアプリの右下「ウォレット」をタップし、チャージ金額の右にある「+」マークをタップします。

パスコードを入力すると上の画面になりますので、「オートチャージ」をタップします。

次に上のような画面になりますので、上部の「オートチャージ」を「ON」に切り替え。
そうするとその下にチャージする銀行口座の選択画面とオートチャージ条件を設定する画面が出てきます。
銀行口座を選び、オートチャージ条件、オートチャージ金額をそれぞれタップし設定すれば完了です!
これだけで設定した金額を下回った時にオートチャージ金額がチャージされます。

以上がチャージの方法とオートチャージの設定方法でしたがいかがでしたでしょうか。
説明もいらないくらい簡単ですし、オートチャージはものすごく便利ですのでぜひ使ってみてください!

簡単4ステップ!LINEPayの登録方法を紹介

こんにちは!
今日はLINEPayの申し込み方法について書いてみようと思います。

1.LINEPayの登録

LINEPay登録
https://line.me/ja/pay/howto

まずはLINEPayの登録です!
基本的には上の公式ページの通り進めるだけです。
最初の手順が書かれていないので補足すると、最初の画面に行くためには、アプリ右下の「ウォレット」をタップすることで同一の画面になると思います。

2.LINEPayカードの申し込み

LINE Pay カード申込み方法
https://line.me/ja/pay/cardhowto

次にLINEPayカードの申し込みをします。
1番ではLINEPayサービス自体の申し込みで、2番ではそのLINEPayをカードとして使用するためのカードの申し込みとなります。
1番のLINEPayサービスのみだと、QRコード決済等対応できる支払いもありますが、まだ対応していない店舗も多い印象です。
そのため、LINEPayの使用では基本的にカードを使うことになると思うので、LINEPayカードの申し込みもあわせてすることをオススメします。
ここでの注意点として、カードデザインは数種類から選べるということですね。
一度カードを選択すると、基本的にはデザインの変更ができないので、慎重に選びましょう!
なお、ここにも記載がありますが、カードは1~2週間ほどで送られてきます。

3.LINEPayとLINEPayカードの連携

カード受取後の利用開始手続き
https://line.me/ja/pay/cardhowto

LINEアプリの右下「ウォレット」をタップし、あとはURLで紹介されている通りに進めるだけです。簡単!

4.銀行口座の登録

銀行登録の方法は公式ホームページに詳しく書かれていなかったので、自分のLINEPayのキャプチャを使いながら解説します。

LINEアプリを起動し、画面右下の「ウォレット」をタップ、中央の「LINE Pay」をタップします。

左列上部にある「銀行口座」をタップします。

次にこの画面になるので、あとは自分の銀行口座を登録するだけです!
ここで登録した銀行からチャージした金額が引き落とされます。

以上でLINEPayを使うための手順は完了です。
すごく簡単ですよね!
次回は銀行口座からのチャージ方法と便利なオートチャージについて書きますのでお楽しみに!

2年間使った僕が感じたLINEPayのメリットデメリット

今日はみんな大好きLINEPayの記事です。
僕は2年ほどLINEPayを使っていますが、今ではポイントも40000P以上たまりました!

一時はびっくりする改悪で使用を止めようとも考えていましたが、サービスの見直しで比較的簡単に高還元率を維持することができるようになったので、継続して使用してます。
※2018年10月より送金人数の条件がなくなり更に緩くなります!

これまでポイントを貯めるために動画を見たり、何かをしたりは面倒なので全くやってません。
ポイント増量期間等はありましたが、基本的にはただ買い物や支払いに充てるだけでこれだけのポイントを貯めることができました。

今回はそんなお得なLINEPayについてと、2年間使い倒して自分が感じたメリットデメリットを挙げてみました!

LINEPayとは

プリペイドカードとクレジットカードの中間のようなカードです。
使用例を挙げると、登録している銀行からLINEPayにお金をチャージするだけで、通常のクレジットカードのように使用することができます。
※LINEPayはJCBカードなので、JCBに対応していないお店では使用できないので要注意!

LINEPayのメリット

条件を満たせばポイント2%の高還元率!

これが最大のメリットだと思います。
LINEPayは月々の利用料金によってランク分けされるので、最高ランクでなければ還元率は1%以下となってしまいますが、条件も比較的緩く最高ランクになりやすいです。
その条件ですが、2018年10月より毎月10万円分の利用があればOK!
※月中に確定した支払い金額でランク分けされるのでご注意ください!
10万円と聞くと高額な気もしますが、極力全ての支払いをLINEPayにすることで、比較的簡単に達成できる金額なのではないかと思います。(僕の使い方は別の記事で紹介します!)
もちろんポイントは基本的に1P=1円として利用できます。

年会費無料

初期費用や維持費は何もかかりません。
無料です。

手続きが簡単

手続きは本当に簡単です!
先日奥さんのカードを申し込みしたんですが、その時は1分で終わりました笑
なので書類やウェブで色々書く必要はありません。
方法は次回の記事で書きますが、LINEを使用している人であればすぐに終わります。
また、ポイント付与のためには本人確認が必要ですが、こちらも簡単です。
銀行登録ももちろん簡単です!

チャージが簡単

コンビニやATMでもチャージできますが、僕は登録銀行からのチャージ一択です。
銀行からのチャージは、ネットさえ繋がっていればどこでもチャージできて手数料も無し。
なんといってもオートチャージ機能がむちゃくちゃ便利です!
こちらも別の機会で書きますが、ある金額を下回ったら〇円チャージと設定するだけで毎回チャージする必要なく、常に設定した金額以上のお金が入っている状態を維持できます。

即時決済される

個人的にクレジットカードで嫌なのが「翌月払い」ということです。
いくら使ったか把握しづらいですし、都度明細を見るのも面倒ですよね。
LINEPayは個人的にデメリットなこの点をクリアしてくれています。
支払ったらその場でチャージしている金額から差し引かれるので、自分がいくら使っていくら残っているのかが把握しやすいです。
※ネットでの買い物の場合、反映が遅れることが多いです。

現金をあまり持たなくていい

クレジットカードでもいえることですが、現金をじゃらじゃら持つ必要はありません。
JCBカードが使えるお店では基本的にはLINEPayが使えるので、会計もスマートにできて財布も重くなりません。

この辺りが個人的にいいなー!と感じたポイントです。
その他にも送金機能や割り勘機能等ありますが、ほとんど使ったことがないので省略です。
それでは次にデメリットをどうぞ!

高還元率は条件付きであること

LINEPayでは最高ランクでは2%の高還元率ですが、利用料金によっては最低0.5%まで還元率が下がってしまいます。
なので、最高ランクのグリーンを維持しなければ、還元率は平凡になってしまいます。

一部支払い方法として登録できなサービスがある

最近だとdocomoのdマガジンの支払い方法として登録しようとしたところ登録ができなかったので、その他にも支払い方法として設定できないサービスがありそうです。

家族カードがない

うちは夫婦で財布を一つにしているので、家族カードがないのはすごく痛いです。
ネットでの支払いや僕がいるときの支払いは全て僕のLINEPayで支払えるのでいいんですが、平日に夕飯の買い物をしたり、別行動をとっている時の奥さんの会計分がポイント換算できないのです。
先日奥さん用のLINEPayを申込しましたが、両方のカードで月10万円は難しいので、家族カードができるまでは奥さんのカードはおまけの位置づけですね。

一通り挙げてみましたがいかがでしたでしょうか!
デメリットはいくつかありましたが、どれもそこまで大きなデメリットではないかと思います。(家族カードだけは早く欲しい)

LINEPayは普段使いのカードにおいて最高のカードだと思いますので、まだ持っていない方がいましたら自信を持っておススメします!