家計簿アプリzaimに出会う前の杜撰な管理を振り返ってみた

こんにちは!
突然ですが皆さんは家計をどのように管理してますでしょうか。
家計簿をつける、家計簿アプリで管理する等いくつか方法があると思うのですが、我が家では家計簿アプリ「zaim」で全て管理しています。
とは言っても管理しだしたのはほんとに最近で、それまでは管理という管理はしていなくて、思い返すとかなり乱暴なお金の使い方をしてました。
zaimは本当に優秀なのでオススメなのですが、その前になぜ家計簿アプリを使うことになったのか、失敗談を踏まえて書きたいなと思います。

杜撰な家計管理でストレスが溜まる

我が家は結婚してからずっと僕が家計を管理していまして、数ヶ月前までは家計簿アプリは使用せず、家計簿も取らずレシートは全て捨てていました。
今考えると管理とは到底呼べず、節約ブロガーとして失格ですね泣
そうしていた理由はシンプルで、何度か家計簿管理をしようと試みたことはあるんですが、正直めんどくさいんですよね。レシートは全て取っておいて、それを家に帰って入力する。奥さんが使った分もあるので、奥さんから使った分のレシートをもらって入力。
こんなことをやっていたんですが、途中で時間が結構かかってることと、奥さんがレシートもらい忘れて入力ができなくなったり、どこまで入力しているかわからなくなったりでストレス溜まってるな〜と感じ、始めて1ヶ月も経たないうちにやめてしまいました。

なので、家計簿をつけることをやめて、毎月収入額を見ながらざっくり「今月は◯万円貯金しよう」と決めて家計をやりくりしてました。
当然家計簿をつけることのストレスは無くなったのですが、どこにどれだけお金を使ったのかがよくわからなくなり、目標の貯金金額に到達できなかった際に、なぜ到達できなかったのかがよく見えないという別のストレスが生まれました。
また、idecoとつみたてNISAを夫婦でやっていて毎月約10万円ほど投資に回し始めてくらいから現金貯金が全くできなくなったのです。

数ヶ月現金貯金0円は流石に焦りましたね。
そこで、これはどうにかしないといけないと思い、まずはどういうお金の使い方をしているのかを洗い出しました。

以前の我が家のお金の使い方

わかる範囲で確認をしたところ、外食やお出かけが本当に多かったんですね。
毎週2回はお出かけや外食、その他にも中食を食べることも多く、日用品も今必要のない余計なものまで買っていたことがわかりました。
これは貯まらないわけだと二人で納得したということと、家計簿をつけていないので使った金額がはっきりと見えずにどこで使いすぎているのかが正直よくわかりませんでした。

家計簿アプリ「zaim」と出会う

その結果、家計簿をつけるしかないと感じ、どんなアプリがあるのか調べていたところ、「マネーフォワード」というアプリを見つけました。
口座連携もできて使ったら自動で反映するので本当に便利だな〜と感じたんですが、UIが好みではなく正直僕は使いづらかったんですよね。
※マネーフォワードについてはまた別の機会に詳しく書きたいと思います。
1ヶ月ほどマネーフォワードでの運用をして見たのですが、使いづらさは解消せず、これだ!という感覚はありませんでした。
そこで、別のアプリを探していた時に「zaim」と出会ったのです。
別の記事でzaimについてはたっぷりと書きますが、本当に使いやすく管理しやすくて面倒でシンプルが好きな僕にはぴったりのアプリです。

なので、今でもzaimをフル活用して家計を管理しています。
zaimを使い始めて支出の見える化も精度が相当高くなりましたし、何より現金貯金ができるようにもなりました。
次回からは、そんな救世主アプリzaimについてたっぷりと書いていこうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です