家計簿アプリ「マネーフォワード」を無料会員で1ヶ月使って感じたこと

こんにちは!
家計管理は支出と目標設定のバランスがすごく難しいと思います。ただ、難しいから、面倒だからといって適当にやってしまうと、余計な支出、目標未達成等なかなか幸せになることができません。なので、家庭で家計を握っている人には家計簿での管理は基本的には必須なのではないかなと考えています。(つけずに全て把握できる方は除きます)
僕も数ヶ月前までは恥ずかしながら家計簿管理を全くしていませんでした。その結果、当然余計な支出、目標未達成が毎月続いたので、そろそろきちんとやらなくてはと思い、家計簿アプリを使い始めました。

マネーフォワードを使ってみた

僕が初めて使った家計簿アプリはマネーフォワードでした。
理由はネットで調べると比較的多くの記事があったことと、使う前から名前を知っていたことです。
早速アプリストアからアプリをダウンロードして無料会員で登録し利用しました。
実際使った期間は1ヶ月くらいだったので、僕が使いこなせなかった点も多くありますが、その中で感じた良かったところとそうでなかったところをまとめてみました。

マネーフォワードの良かったところ

複数の金融機関との連携

初めて使った時は驚きでした。
残高もアプリ内で確認できますし、連携登録している銀行で引き落としが発生した場合、金額が自動入力されて残高もきちんと反映し家計簿を自動で作成してくれます。引き落とし時に名称も表示されるのでわかりやすいです。

収入と支出をグラフで確認できる

エクセル等を使用しなくても、収支の関係が一目でわかります。
下のグラフは月毎のグラフですが、年毎でも見れるし、日別のカレンダー形式でも見ることができます。
これがあるとどの項目に支出が偏っているのかが一目でわかるので、見直しポイントを見つけやすかったです。

カテゴリー毎の支出推移もグラフで確認できる

食費や光熱費等毎月できるだけブレを出したくないカテゴリーがありますよね。
月毎にグラフで見ることもできますし、平均を見ることもできます。
これがあれば目標も設定しやすいはずです。(有料版だと、前年の同月と比較もできるようです。これは便利!)

以上が自分で使ってみて感じた良かったところです。
金融機関連携や家計簿自動作成、グラフ化等いくつもの便利な機能があるので楽に家計管理できました。

一方残念な点もいくつかありましたのでまとめてみました。あくまで個人的に感じた内容ですのでその点踏まえてみてみてください。また、もしかしたら設定変更などで解消できる点もあるかもしれませんので、もしありましたらご指摘ください。

マネーフォワードの残念だったところ

広告とアプリの宣伝の多さ

アプリを開くと、総資産額、今月の家計簿がファーストビューで表示されるのはいいのですが、その下に通知履歴や広告、マネーフォワード自体の宣伝等が並んでいます。通知を確認したくても別の内容が結構挟まれているので少し煩わしさを感じました。
有料会員の宣伝も結構多いです。

入出金タブに頻繁に赤印がつく

自分の性格に合わないだけなんですが、通知のところの赤い印が頻繁につくのですごく気になります。最初の頃はそのタブに行って消してたのですが、すぐに赤い印がつくので消すのが面倒になりました。
直近の入出金は基本的には身に覚えのあるものばかりなので、チェックする必要性を感じず、途中からは内容のチェックをせずに印だけ消しに行き(本末転倒)、最後には印もついたまま放置してました。

口座連携の失敗が頻繁に起こる

ここは僕の設定の問題かもしれないんですが、連携後失敗して再連携を求められるケースがよくありました。その度に個人情報を入力しなければならなかったので面倒でした。

以上が残念と感じたポイントです。
あとはUIが分かりづらくて若干の使いづらさを感じましたが、ここは完全に主観なので割愛します。

初めての家計簿アプリということで、驚きや便利さを多く実感できた反面、使っていくうちにいくつか気になるところが出てきて、結果1ヶ月ほどで使わなくなりました。
ただ、アプリ自体は本当によくできたアプリですし、有料会員であればさらに使いやすくなると思いますので、気になる方は是非試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です